2019年11月05日ニュース キックボクシング ムエタイ・ニュージャパンキックボクシング連盟

ニュージャパンキックボクシング連盟

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 2019年11月05日ニュース

2019年11月05日ニュース

大田拓真×馬渡亮太 インタビュー!

『NJKF 2019 4th』(11月30日、後楽園ホール)では55㎏級と65㎏級、2階級のS1ジャパントーナメント決勝が行われる。
55㎏級決勝を争うのは大田拓真(新興ムエタイ)と馬渡亮太(治政館)。ジュニア時代に対戦した両者は大田が勝利しているが、勝者の余裕か「どんな試合だったかは覚えてない」と話す大田に対し、馬渡は「すごく悔しかった」と言い、「最高の舞台」という今回リベンジを目指す。

S1ジャパンの決勝にふさわしい、高いレベルのムエタイがぶつかり合う一戦が期待される。

大田拓真――1回戦の岩浪戦を振り返っていかがでしょう。そこからの修正点は?
大田 『少し様子を見過ぎてなかなか攻められなかったのがもったいなかったなと思いました。決勝はもっと攻めて盛り上げたいと思います。』

――対戦相手・馬渡選手の1回戦(知花デビット戦)を見てどう思いましたか?
大田 『ヒジと蹴りが綺麗で上手い印象がありました。』

――改めて馬渡選手の印象を教えてください。
大田 『何でもできて、パワーやスピードもあり素晴らしい選手という印象です。』

――ジュニア時代に対戦があり大田選手が勝っているそうですが、どんな試合だったか教えてください。
大田 『ジュニアの時に対戦したのは覚えているのですが、どんな試合だったかは覚えていないです(笑)。』

――今興行は弟の一航選手と同時にベルトを巻くチャンスです。何か話したりはしていますか?
大田 『一緒に勝って喜び合いたいと思ってます!』

――今年は対抗戦で勝利、WBCムエタイのベルトを奪取と飛躍した年だったと思います。最後を締めくくる一戦に意気込みをお願いします。
大田 『今回の試合を勝って今年全勝したいです!』

馬渡亮太――1回戦の知花デビット戦を振り返っていかがでしょうか。
馬渡 『デビット選手のパンチは破壊力があると知っていたので、予定通り長い距離で戦うことができたと思います。修正点はヒジ1発で終わらせることができなかったことで、もっと強化したいです。』

――大田選手の1回戦(岩浪戦)を見てどのように思いましたか? また大田選手の印象も合わせて聞かせてください。
馬渡 『ハイレベルなムエタイの試合だと思いました。大田選手は総合的になんでもでき、試合運びが上手な選手だと思います。』

――ジュニア時代に対戦があったそうですが、その時のことを教えてください。それからずっとリベンジの機会を狙っていたのでしょうか。
馬渡 『ジュニア時代もお互い団体のチャンピオン同士で戦ったのを覚えています。もちろん勝てると思っていて負けたのですごく悔しかったです。トーナメントの試合が決まった時はなんとなく決勝で当たる気はしていました。またお互いチャンピオン、しかも決勝で戦えるので最高の舞台だと思ってます。』

――3年近く無敗で来ていますが、その秘訣・何が良かったと思いますか。
馬渡 『気持ち面だと思います。“これで生活していく”って真剣に思っています。』

――新たなベルトとリベンジの懸かる一戦へ、意気込みをお願いします。
馬渡 『NJKFのリングでジャパンキックの自分がベルトを奪ってやります。応援宜しくお願いします!』

<< 前のページに戻る

NJKF事務局

神奈川県厚木市山際517-1
TEL:046-205-9350
FAX:046-210-3083
MAIL:njkf2019@gmail.com

チケット販売



NJKF若武者会

↑ PAGE TOP