2017年09月06日ニュース キックボクシング ムエタイ・ニュージャパンキックボクシング連盟

ニュージャパンキックボクシング連盟

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 2017年09月06日ニュース

2017年09月06日ニュース

階勇弥が引退を表明、11.12大阪で国崇との引退エキシビジョンマッチが決定!

NJKFライト級1位(前王者)の階勇弥(健心塾)が、現役を引退することを発表した。

階は、2015年02月15日の後楽園ホール興行、自身の33戦目となったNJKFライト級王座決定戦で、凌太(OGUNI)を3R TKOで下し、悲願だったNJKFのベルトを腰に巻いた。
翌年2016年06月26日(大阪・高石)の初防衛戦では、NAOKI(立川KBA)を得意のヒジでカット、3R TKO勝利で初防衛に成功している。
同年11月27日(後楽園ホール)、階にとって、もうひとつの目標だったWBCムエタイ日本統一ライト級のタイトル戦、小川翔(OISHI)と王座決定戦を争うも、5R TKOで敗れた。
そして、今年07月02日(大阪・高石)、2度目の防衛戦となったNAOKI(立川KBA)戦で、判定負けを喫し王座を奪われた。この試合を最後に、2004年10月のデビュー戦以来13年間、通算42戦の現役生活に終止符を打つ事となった。

11月12日(日)、大阪市・東成区民センター『NJKF 2017 west 4th』では、引退式と国崇(拳之会)との引退エキシビジョンマッチ3分1Rが行われることが決定している。
引退を発表した階勇弥が、現在の心境を語った。

階――まずは、引退を決意した理由をお聞きしてもよろしいでしょうか。
『去年のWBCタイトルマッチで負け、それ以降、試合が決まってもなかなかモチベーションをあげることが出来ない日々が続いており、前回のNJKFタイトルマッチで完全に気持ちの面で負けたので、ここが自分の限界だと思い引退を決意しました。』

――それまでに引退を意識した事はありましたか?
『去年のWBCで負けた時ですかね。でもその時は周りに、また頑張れよ!って言われてもうちょっと頑張ろうかなって思いとどまりました。そんな気持ちで試合に挑んだから前回(07.02高石NAOKI戦)負けたんだと思います。』

――現在の心境はいかがですか。
『まだ若いからいけるんじゃないかと言って頂くこともあるんですが、自分としてはここが自分の限界だと感じたので、全く悔いはありません。引退してからやりたい事もあったので、これから新たな目標に向かって頑張りたいと思っています。』

――選手としては、すべてやりきったと。
『はい。当たり前ですが本当はもっと上にいきたい気持ちはありますが(笑)、でも今はここまでが自分の実力だったんだと思っています。』

――では、新たな目標をお聞かせください。
『自分は健心塾 階道場という支部を出させもらっているのですが、そこで将来有望な子供たちが何人かいるので、これまでの自分の経験をいかして将来プロになり活躍する選手を育てていければと思っています。』

――将来、階選手が育てた選手がプロのリングで活躍することを期待します。引退式の前に国崇選手とのエキシビションマッチが行われますが、どういった経緯でしょうか。
『国崇選手は僕がデビューした時からNJKFのチャンピオンで凄い憧れの存在でした。練習なども一緒にして下さった事もあり、本当にお世話になっています。引退式をさせてもらうことになり、塾長から国崇選手がエキシビションの相手をしてくださることを聞いて、是非お願いしますと返事させていただきました。本当に感謝です。』

――階選手にとっては最後の戦い、エキシビションマッチですが、ファンの方々にも、また、ご自身の練習生にも、熱い戦いをみせてください。最後にひとこと皆さんにメッセージをお願いします。
『僕はキックボクシングを通じて感謝することの大切さを知りました。最後も感謝の気持ちをもってリングに上がり、プロとして、お客様が喜んで頂けるようなパフォーマンスができるように全力を尽くします。ファンの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当に今まで階勇弥を応援してくださり、ありがとうございました!』

《階勇弥プロフィール》
現NJKFライト級1位・前NJKFライト級王者
■所属:健心塾
■出身地:大阪府
■生年月日:1989年07月30日
■身長:172cm
■デビュー:2004年10月15日
■タイプ:オーソドックス
■得意技:左ミドル
■戦績:42戦22勝19敗1分(8KO)

《興行概要》
誠至会主催『NJKF 2017 west 4th』
2017年11月12日(日) 大阪市・東成区民センター
OPEN 13:15 / START 13:30

《対戦カード》
▼階勇弥引退エキシビジョンマッチ 3分1R
階勇弥 (NJKF健心塾/前NJKFライト級王者)
  VS
国崇 (NJKF拳之会/ISKAムエタイ世界フェザー級王者・WKAムエタイ世界フェザー級王者)

《チケット料金》
VIP席20,000円/SRS席10,000円/RS席8,000円/指定席6,500円/当日券は1,000円UP

《チケット販売》
NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379
出場選手所属ジム

《お問い合わせ》
NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379
NJKF西日本大阪本部 http://www.njkf-west.info/

<< 前のページに戻る

NJKF事務局

東京都豊島区池袋本町1丁目7-1
池袋本町ビル 301
TEL:03-6912-7247
FAX:03-6912-7248
MAIL:njkf@nifty.com

チケット販売


NJKF若武者会

↑ PAGE TOP